日和見菌

日本人に不足しがちなカルシウムをプラスしました。

私たち人間の腸の中には、腸内細菌とよばれるさまざまな菌が暮らしています。

 

 

人間にとって良い働きをする菌も、悪さをする菌も含めて、約100種類、数にして1,000兆個もも菌がそれぞれに活動を行っているのです。

 

 

善玉菌と呼ばれるものは、乳酸菌やビフィズス菌です。

 

 

これらは、お腹の調子を整えたり、ビタミンを合成したり、免疫機能を活性化させたりする働きがあり、健康に欠かせないものです。

 

 

一方、悪玉菌と呼ばれているのは、大腸菌やブドウ球菌など。食中毒の原因になる菌としても知られていますね。

 

 

悪玉菌は、腸内の食べかすを腐敗させて腸内環境を悪化させたり、病気の元になりうる有害物質を作り出すやっかい者です。

 

 

そして、いちばん数が多いのが日和見菌と呼ばれる菌です。

 

 

日和見菌は、その時々で、善玉菌と悪玉菌のうちどちらか優勢な方の味方をします。

 

 

理想的な腸内細菌のバランスは、善玉菌20%、日和見菌70%、悪玉菌10%の状態だと言われています。

 

 

悪玉菌の割合がゼロでないことを意外に思う方も多いでしょう。

 

 

実は、悪玉菌には、善玉菌の働きを促したり、他の悪玉菌を退治するなど、良い働きもしていると考えられており、増えすぎない程度に悪玉菌がいた方が、健康に良い影響を与えるようです。

 

 

もっとも、悪玉菌を全く無くすことは不可能なので、善玉菌を積極的に摂取して理想的な腸内環境を作ればOKです。

 

>>フジッコ 善玉菌のチカラ【最安値】公式通販サイトはこちら<<